鼻や頬にできる毛穴の黒ずみは55%以上の女性が抱えている悩み

20代や30代の女性では60%を超える

お肌の悩みは現代は年齢関係なく女性だけでなく男性も実は多く抱えている問題である。 10代はニキビ、20代からシミや乾燥肌、30代からはくすみやシワと抱える問題は違えどトラブルはどうしてもつきない。 毛穴の悩みだけでみても、出てくる症状には一般的には少なからず認知度がありわかるところで数種類あります。 小鼻の黒ずみや赤いポツポツができてしまうと毛穴が開き皮脂がテカってしまうなど様々な症状がある。 美白に向けてのスキンケア商品や方法は多数新たなものが登場しているが、年齢や質に合わせて使い分けなくてはいけない。 また、表面的な肌や毛穴のケアだけでなく食生活のバランスを考えたり、生活習慣も赤ちゃんのような美肌を作るためにはこれから先もできる限り徹底して改善していかなくてはならない。 特にコンディションは睡眠不足や過度な食事制限による無理なダイエット、ストレスなどは肌荒れの原因となりやすく美しさを作るためには何よりも継続してトレーニングなどの体調管理が結果としては重要だ。

毛穴のケアの基本は洗顔

間違った洗顔方法は肌や毛穴を傷めてしまう

毛穴の黒ずみや開きを丁寧にさっぱりとケアしていくためには、まず正しい方法で洗顔をしていかなくてはならない。 力を入れて擦りすぎてしまうと、皮膚の表面の保護膜を傷つけてしまいシミやクスミの原因となってしまう事がある。 また、メイク落としで拭く方法は毛穴の奥にファンデーションなどの細かい成分を押し込んでしまう事になるのであまりおススメはできない。 洗顔の前にしっかりと手を洗うのはもちろんだが、洗面台や用具の殺菌も丁寧に行うことはまず第一の基本である。 まず、自前のヘアバンドやゴムなどでしっかりと髪をしばり、顔につかないようにし、蒸しタオルで毛穴を開かせ、毛穴に詰まった皮脂や角栓、埃やゴミなどをしっかり浮かせてとるために2~3分行います。 電子レンジなどで濡らしたおしぼりを上手に軽く温めることで、この蒸しタオルはすぐに準備ができるので非常に楽で便利。

自分の肌質に合った洗顔石けんを選ぶ

乾燥、脂性や敏感、混合などがある

自分の肌質や悩みをしっかりと見極め理解しそれに合った特徴を持つクレンジングオイルや洗顔石鹸を使わなければ逆効果になってしまう事がある。 特に脂性体質で悩んでいる方などは、何回も洗顔をする事によって肌の表面の皮脂を取りすぎてしまうことがよくある。 人間の体はとても精密にできているので、テカリをおさえるために皮脂を取りすぎてしまうと分泌が足りないと判断しより過剰に反応してしまう。 また、アトピーや敏感肌で悩んでいる方は刺激成分や化学成分が一切使用されていない無添加の商品を内容成分を確認し使用したほうがいい。 女性は生理中はホルモンの分泌の関係でニキビや肌荒れができやすい体質になっている。 毎日行う洗顔はやはり自分に合った方法と用品で丁寧に心がけることが美白への一番の効果的な有利な近道である。

無香料、無着色、無鉱物油のどろ豆乳石鹸「どろあわわ」

沖縄産の泥と無農薬の国産大豆を使用

テレビや雑誌で芸能人にも紹介されたどろあわわは沖縄の奇跡の泥マリンシルトが毛穴の奥の細かい小さな汚れにもしっかりと吸着してくれる。 お笑いの芸人で最近ではダイエットにも成功し、また主婦タレントとしても人気のくわばたりえもブログで紹介し話題になっているAmazonにもある商品である。 このマリンシルトはくちゃとも呼ばれ美容業界に大旋風を起こしている。 分子レベルの吸着力とマイナスイオン効果ももつマリンシルト以外にも、石川県産のベントナイト、静岡県産の無農薬有機栽培の大豆から作られた豆乳発酵液を含んでいる。

どろあわわ


大豆イソフラボン、ヒアルロン酸、コラーゲンも

どろあわわが毛穴のケアに適しているのは、肌の角質の奥にまでしっかりと浸透することが出来るすごく小さな分子で作られてできているからである。 また、泡立ちが他の洗顔石鹸と比較してもずば抜けていて洗い上がりも突っ張ることなく、肌に適度なハリと潤いを充分に与えてくれる。 要点をまとめるとこれは、保湿成分を含んでいるヒアルロン酸や潤い効果のある大豆イソフラボン、コラーゲンを含んだ豆乳のサポートの効果である。

どろあわわ

このページの先頭へ